キクを美しく咲かせるための育て方のポイント

ガーデニングをやってみたい

年々ガーデニングの人気が高まってきています。お花一面咲き乱れる庭にしてみたり、日本庭園のような庭造りをしたりなど楽しみ方は様々あります。

[PR]キクの育て方を大特集♪
ガーデニングをはじめよう☆

[PR]庭の手入れは大阪の植木屋にお任せ!
プロが丁寧に対応してくれる

[PR]仙台で造園を行なってくれる業者を大公開♪
施工内容を要チェック!

[PR]芝刈りは専門業者にお任せ!
庭の手入れを低価格で対応してくれる

愛情を注げば応えてくれる!キクの正しい育て方

男性

キクの育て方のコツ

仙台で造園するためにキクを植えたいと考えているのであれば、キクの正しい育て方を知る必要があります。キクを美しく咲かせるポイントは日中に日光を浴びることができる場所で育てることです。キクを育てるには土作りから始めましょう。キク用の培養土などの水はけのよい土を必ず使用してください。水やりは夏の時期は朝と夕方に1回ずつ、冬の時期は週1回ほどの水やりで十分です。また肥料の選び方も重要なポイントです。リン酸成分を多く含んだ乾燥肥料を選ぶとよいでしょう。

注意すべきポイント

どの植物を育てる際にも言えることですが、キクを育てる際には病気や害虫に気をつけましょう。風通しが悪い環境だとカビによる病気にかかりやすいので、風通しをよくする環境にするよう心がけてください。キクにつきやすい害虫と言えばアブラムシやハダニが挙げられます。これらの害虫がつかないように定期的に殺虫剤を散布しましょう。もし庭に芝生を敷いているのであれば、芝生の害虫対策や芝刈りも必要です。植木屋に依頼すれば対応してくれると思いますので、大阪在住でガーデニングを楽しみたいと考えている方は頭に入れておきましょう。

広告募集中